[誰も知らないモーショングラフィックス秘法11] モーショングラフィックスのための25個の秘法

11. 25 SIMPLE TRICKS FOR BETTER MOTION GRAPHICS

 

モーションデザイナーがより簡単に適用できる25個のトリックを一度に確認することができる映像です。

 

より良いモーショングラフィックスのための25の簡単なトリック。

私はエディターで、モーションデザイナーではありません。つまり、私がこの文を書いたり、ビデオを作った人ではなかったらいいなと思っています。私よりも優れたデザイナーが本当にたくさんいることを知っているからです。 After Effectsを扱う実力をますます増やして手に入れたが、自分で 「私はモーショングラフィックスアーティストだ!」と言うのはちょっと不便です。
その言葉は、私のような人々がモーショングラフィックスを初めて習い始めた人のために書かれてなければならないと思います。これは私が数年の間に見てきた多くのビデオチュートリアルが先を争って紹介すると、重複する技術の大集合です。完全、または内容が多いチュートリアルでは、ありません。このテクニックを芸術的によく利用すれば、あなたが作るグラフィックを見事に作ってくれるんです。完璧なレシピではないんですが、材料のリストです。どのような材料を使うとベストなのかは、アーティストの手に委ねられています。

여기부터다시확인

今まさにモーショングラフィックスを開始した初心者のために、この文を書きます。経験豊富なベテランは、これを見る必要があまり感じなかっられるだろうがよ。私はこのテクニックを駆使するサードパーティのプラグインを使用していないが、それでも確実にない書こうとしたこともありません。

その後、お楽しみください。


以下は、私が今まで観察された、モーショングラフィックスを見事に作成する方法です。

最初に、よく作られたモーショングラフィックスは、それだけで勝手にすべての違いを多入れたものはありません。通常よく作成されたものテクスチャにタイトルを彫刻せることによって傷をつけるか、モーションがあまりにも一律的ではない(例えば、どこからでも見ることができるふっくらと飛ぶバウンス、入った出てきたアニメのようなもの)のものです。あなたが最初に起動したとき、通常、グラフィックスがあまりにもきれいたり、さらにはAfter Effectsを一切使用していないかのように粗雑に見えたりしている。

コンピュータはただのロボットのように仕事をするので、グラフィックスをダイナミックに作成することは、アーティスト次第です。より多くのアニメーションのヒントが気になるなら、The Basics of Motion Designというビデオを参照してください。

さて、一つずつてみましょう。必要であると考えているし説明しましょう。すべての説明を遣いことはない。よくわからない場合はグーグリングしてください。私の考えの人々はすべきことをどのようにするか考えてみた次のグーグリングと、よりよく学ぶことと思います。もしあなたが何をしようとして、誰かが出て、「このボタンを押す必要があります!」というふうに正確に知られてくれれば、あなたはただ基づいてのみするので、実際にはよく届かない。

 

1. Gradients

最も基本的なレベルで、背景とテキストの色を一律的に作らずに少しずつ異なってのは深さと形状を与えます。放射状のグラデーションは、最も簡単な方法です。基本的には、インフォグラフィックスなどのものでなければグラフィックを美的にフラットにすることは避けてください。

 

2. Vignette

輪郭を暗くするのは焦点を集中させるための、ほぼすべての場所に書かれてよ。モーショングラフィックスであれば何、カラーグレーディングにもその、ビデオゲームであれば何気にしない。 Vignetteは反転された丸いマスクに暗いソリッドを作成し、透明度を調節してマスクをfeatherします。そして、いくつかの別の方法で試してみるに色とトランスファーモードをいくつかの調整となりません。

 

3. Textures

テクスチャは、タイトルをさらに興味深く見せるために最も簡単な方法の一つです。その方法のうちの最初のテキストをpre-compするものであり、テクスチャをその下に置き、テクスチャのtrackマットをalpha matteに変更することです。グーグルで見れば無料テクスチャがたくさんあるので探してお試しください。

 

        

 

 

 

4. Color Grading

カラーグレーディングは、それ自体でです。しかし、Color grading is an industry unto itself、butカラーをタイトルに合った感じで調整すれば、プロジェクトのためにいろいろ成功である。 After Effects内だけでも、これをする信じられないほど多くの方法があります。ただカーブエフェクトを作るとか、ティントエフェクトを追加するとか、カラーソリッドをオーバーレイするとか、あるいは単にサードパーティのプラグインを使用することもできます。

 

5. Shadows

簡単なドロップシャドウは、タイトルに奥行き感をくれます。私は、この特定のテクニックをVideo CopilotのAncient Titles Tutorialでもたらした。テキストをコピーして、下のレイヤーを黒く作成、CC Radialブラーを追加したあと、光源がタイトルの上にあるかのように見せるためにぼかしの中心を上向きに移動しました。

 

6. Contrast

私が見たほとんどすべてのモーショングラフィックスのチュートリアルは、ある時点で必ず一度"対照カーブ(Contrast Curve)」を使用しました。ただ「Curves」の効果を使用し、「S curve」を作るためにはハイライトの数値を上げた後、シャドウ数値を下げてください。

 

7. Background Movement

モーショングラフィックスは、「モーショングラフィックス"、つまり動くグラフィックスです。背景がどのように動いても、通常はより興味深い見えます。私はここでアニメ化されたフラクタルノイズを使用してみました。上の画像は、Nawaz Alamgirの30 in30 motion graphics videoをモデルにして作ってみました。背景の動きを追加することはより多くの方法があります。多くの映画の予告編は、パノラマのような効果のために回転する、拡大(scale up)されたブラッド画像を使用します。

 

8. Glow

グローを追加するにはいくつかの方法があります。ビルトイングローフィルタもあり、Trapcode StarglowやRed Giant Universeのようなサードパーティのプラグインもあります。ここで私が書いたテクニックは、School of Motionのチュートリアルです。グロー効果を与えたいと思うことを複製して、一番上のレイヤーのトランスファーモードを「Add」に設定し、Fastブラーエフェクトを適用した後、ブラーと透明度を必要に応じて調整してください。

 

9. Light Sweep

テキストを輝かせてくれるのが何であるかを知っています? After Effectsに組み込まれているCC Light Sweep効果です。ただセッティングをいくつか変えて、位置を調整してくれればなりません。上の画像は、私が自主的に白い固体をテキストにメチンして作成されたLight Sweep効果です。

 

10. Light Rays

私はここでTrapcode Shineを使用しました。他のビルトイングローフィルタもいくつかあり、Video Copilotは3Dグローの作成チュートリアルも提供していますよ。 Trapcode Shineを使用することがつもりなら、基本色の設定は、できるなら変えようとすれ道をお勧めします。 Trapcode Shineユーザーはそれベーシックなカラーであることを皆知っています。

 

11. Lens Flares

すぐにタイトルを作成したいですか?これにより、実際に多くのムービートレーラーので見ることができるこの方法を使用してみてください。メタル感のテキストを書いた後、細く小さなレンズの光線を下に入れてください。もっと大きく点滅を一つ追加しても良い。 Video CopilotのOptical Flaresが多く使われますが、Knoll Light Factoryということもあります。

 

12. Slams

あなたがすることができる最も基本的なタイトルアニメーションのことを話してみ。私が最初に始めたとき、タイトルのスケールをすごく大きく見せる開始して、元のサイズである100%の割合で見えるようにしたが、今では、テキストを3Dレイヤーに作成し、Z-positionを調整している。そうすることで、より良い見え、カメラを通って飛ぶように見せることができます。

 

13. Motion Blur

の次にある一つ一つのレイヤーに簡単に変わる過程です。サンプリングを高く設定してモーションブラーでは、次の層に移る過程が見えないようにする必要がありますよ。またはシャッターを他のアングルに設定してください。シャッターアングルが低いほど、モーションブラーも少ないです。

 

14. Staggered Animation

通常、それぞれの要素が一つ、他の一つが動くようにスクリーン上で動かすと、さらに興味深い映像が演出されます。私は動くようにするレイヤーが、多くの場合、それぞれ時差を置くべき場合pt_ShiftLayers fromaescripts + aepluginsを使用します。そして、文字を分離させるためには、DecomposeTextを使用します。

 

(追加:一部の人々は、テキストアニメーターの効果を与えれば、より簡単にこの効果を与えることができると述べています。私はこの作成をすると、文字アニメーターを使用する方法は、知っていたが、どのように見栄えの良いグラフエディタにより、モーションカーブをそれぞれの文字単位で適用する方法を知らなかった。それ以来、テキストアニメーターの「Advanced」セクションで滑らかにする機能を学びました。ヒントがあれば教えてください。)

 

15. Graph Editor

これを使用して開始するのに少し時間がかかりました。しかし、モーションを、あまりにも画一的に作らないのは別の問題です。ポジションやそれらの属性を動くようにアニメートすると、キーフレームを「easy ease」キーフレームに変えてグラフエディタに行って、キーフレームのためのハンドルを他の側に変えた後、この作業を通じて、そのアニメーションがすごく速く動いた後、ゆっくり変化するでしょう。それともゆっくり開始したが速くなります。これらの素晴らしいインフォグラフィックスは、、グラフ子ディーターを検出するモーションを自然で楽しく、そしてロボットのような動きがドルヘようにしてくれます。

 

16. Bounce

ここ反動アニメーションのための方法を紹介します。一つEase and Wizz from aescripts + aepluginsであり、他の一つは、mograph.netのinertia expressionです。これは、ポジション、スケール、回転の値を加えることができます。 「amp」の値に反動の幅を調節することができます。 「freq」の値に反動の高さを調節することができます。 「decay」の値に反動が停止する速度を調節することができます。高ければ高いほど急速に停止します。

17. Mattes

マットを作成するにはいくつかの方法があります。しかし、通常、動く形で、黒画面で白い画面に(または逆に)切り替えているレイヤーを作成するためにマットを圧縮します。インクを流す形の保存されたシーンを使用していた、動いている様子を利用して、あなただけの特別な変換画面を作成投げ関係なくね。近いうちにトラックマットの詳細についてはこちらをご覧ください。どこでも使われたそうです。これはVideo Copilot Riot Gearのink bleed matteを使用して作りました。

 

18. Color Transitions

多くのクールなインフォグラフィックがトラックマットなどを使用して、これらの種類のカラーワイプ(color wipes)を書き込みます。私は別の背景を使用して、いくつかのバージョンを作成見ました。次に、細い黒のソリッドを動かすか、白い画面で黒い画面に切り替えながら、さまざまな種類のトラックマットを作成見ました。初めての切り替え画面はKert Gartnerのthe game Hundredsをモデル三作りました。第二の切り替えは、いくつかの長方形が一定に増加する、時間差を置いたアニメーションです。

19. Twitching

ランダムなインターバル(時間差)トゥイッチ(引き)は、多くのSF映画やホラー映画で使われます。私はこれらを作成しようとEvan AbramsのTwitch expressions tutorialsを利用しました。規模と位置を勝手に引っ張り、構成物を歪曲されて見えるように調整して、調整レイヤーの透明度が変わっようにして歪みがランダムに起きるようにしてみました。 Video CopilotのTwitch pluginがありますので、参照してください。 RGBカラー分離とTVディストーションエフェクトには、TV Distortion bundleのプラグインを使用しました。

 

20. Particles

完全簡単なテクニックではなく、粒子の効果は、モーショングラフィックスのどこからでも見ることができる効果です。 After Effectsに内蔵されているCC Particle Worldを使用するか、Trapcode Particularを購入頂くか、どのようにパーティクルを使用するかをご覧ください。このエフェクトは、本当に多くのセッティング機能があって、すぐに開始することが、より良いグラフィックスを作成内実ことができます。私は習ってもまだ開始していない感じです。私はここでParticularとTrapcode Shineを使用しました。カラーリングを追加するために光線の長さを0にしたんです。
 

21. Compositing

ある時は、本当に実用的な場面が必要な時のです。グラフィックスがよりリアルに見えるようにハリョミョンヨ。タイトルをインパクトあるように見えるようにするには、火や煙のようなものを書くときもあって。このようなときに保存さstock footageシーンを購入する必要があります。直接これらのものを作成するよりもはるかに割安う。多くの人々がVideo Copilot's Action Essentials packを使用すると言います。

私はここでいくつかのほこり要素と火の要素を追加しました。そのような後ろマスクをアニメーション化して白いテキストから赤いテキストまでトランジション効果をあげました。

 

22. Camera Movement

カメラアングルに突然の変化を与えたがしまうことでは楽しみが少ないなるときがありますか?くるりと回したり、完全に中心を合わせない方法を使用したいと思う時もあるでしょう。グラフィックスをより面白くしてくれるカメラムーブメントを追加する方法はいくつかあります。 3Dカメラのに対して、よりについては、このVideo Copilot tutorialを参照してください。

 

23. Depth of Field

3Dカメラを使用している場合Depth of Fieldに変更時期をお勧めします。集中的にすべての内容を均一に見せることができています。それともしたタイトルで別のタイトルで進むか、表示しようとする他のものがあればそれだけで3Dオブジェクトをつぶしてしまって、カメラでDepth of Fieldを活性化させた後、絞りを調節して下さい。絞りを小さくすると、光が少ない入ってくるので、さらにDepth of Fieldが深く表現され、絞りを開くと、より浅く表現することができます。

 

24. Camera Shake

これはタイトルにインパクトを与えるために、カメラを横に振った「送風効果」を追加することです。私はすべての要素を3Dレイヤーに作成され、カメラレイヤーはnull object層につながる作りました。この後null objectのスライダコントロールに結ばれたwiggle効果をあげました。だからタイトルがぶつかると、すべてが揺れて停止します。

 

25. 3D Text

作業が決して簡単ではありませんが、誰もが3Dテキストを好きです。ただ使用したいテクニックをお選び面ます。After Effectsではそのようなテクニックを実際に使用するか、またはそのように見えるようにのみ、またはに関係なく、実際に多くの方法があります。特に最近では、Cinema 4D LiteがAfter Effectsにバンドルさ出て、After Effectsも、独自の3Dモードをサポートします。上の画像を作成するにはVideo CopilotのElement 3Dを使用してみました。本当に使いやすいです。

 

출처 : http://goo.gl/N90aWw

 

shakrdesigners-gray.jpg