[誰も知らないモーショングラフィックス秘法8] アニメーション12原則

8. RULES OF ANIMATION

アニメーターだけでなく、モーショングラフにも便利なアニメーションの12原則を理解しやすいビジュアルとして表現した映像です。

1. SQUASH AND STRECH(形押さえ付け増やす)

ボールが底にふっくら飛び出るとき、ボールの形が床についたときにはきっかり歪んれて、上がったり、下がる時には縦に長い楕円形の形で表現して動いていることをより積極的に示しています。

 

2. EXAGGERATION(課長)

アニメーションは、実際のではありません。したがって、課長を介して滑稽、皮肉の意味を加えることができ、楽しい要素として使用されます。

 

 

3. ANTICIPATION(予測)

岩がパチンコの間のゴムバンドに身をしがみついて引かれています。そのつぎの状況では、当然に運ばれることが予測されます。

 

 

4. STAGING(ステージ)

演劇、ミュージカルでは主人公がスポットライトを受けて注目されます。注目を集めてたい部分に舞台装置をすると、アニメーターの意図に合わせて、見る人の目を引くことができます。

 

 

5. STRAIGHT AHEAD AND POSE TO POSE(特定の順序とランダムな順序)

これから順番にずっと進行するとごちゃごちゃランダムにアニメーションが進行されて、予期しない動きに注目を集めることができます。

 

6. FOLLOW THROUGH AND OVERLAPPING ACTION(モーション繰り返し)

馬が走るように反目されているモーションの場合、キーをとった後、繰り返されるモーションを続いて付けます。

 

7. SLOW IN AND SLOW OUT(速度調節)

実際にボールが上放物線形で投げられたとき、重力によって上がって降りて来ます。ボールが空に上がるほど、ますます速度が下がり、下り再び速度がつきます。アニメーションでもこれについて説明してください。

 

8. ARCS(号:アーチ形)

弓形の曲線を描いて動くアニメーションの原則です。最も代表的な例として蝶、蜂などがあります。

 

 

9. SECONDARY ACTION(第二のアクション)

WALKING+ SMOKING歩きながらタバコをぷかりと距離第二のアクションを入れてことで映像がより豊かになりました。

 

10. TIMING(タイミング)

FAREWELL vs REJECTIONお別れする時と拒否の意思を表現するときのモーションのタイミングは確実に異なります。拒否するときは、挨拶するよりも高速なモーションを使用します。

 

11. SOLID DRAWING(立体図面)

キャラクターに、x、y、z軸を使用して立体をプレゼントしてください。

 

 

 

12. APPEAL(魅力アピール)

いくつかのデザインもアピールすることができる要素で視線を捕らえよう。

 

 

 

アニメーションの12原則を使用して、あなたも素敵なモーショングラフィックスをつくることができます。