[より素敵なモーショングラピックの制作のために]


「モーショングラフィックスって何?」

より素敵なモーショングラフィックス制作のための秘法を今から皆さんにご紹介いたします!


1.モーショングラフィックスとは?

モーショングラフィックスの理解
モーショングラフィックスは、映像のジャンルに分類され、現代に入って多くのアーティストたちの関心を受ける分野で頭角を現していますが、映画のオープニングのシーケンスに使用され始めました。技術の発展とともに、表現も多様れ発展してきたモーショングラフィックス!

 

Maurice Binder - 007当時の映像技術の限界で単純な形と動きで表現されましたが、映画のアイデンティティをよく表わしており、好評を受けています。

 

Kyle Cooper - 映画「Seven」の内容を暗黙的な映像で表現し、それと合ってタイポグラフィックも適切に使用してスリラージャンルを表現した作品です。

 

2.モーショングラフィックスとデザイン

基本的な要素
デザインの基本的な要素には、点、線、面、変化、統一、バランス、繰り返しなどがあります。そのようにモーションもこのような要素が適用できます。

フレーム
映像は一枚のフレームで構成されており、これらが集まって動きを作るんですが、モーショングラフィックスのディテールは、フレームから出てくるといっても過言ではありません!

 

Kyle Cooper - 映画「Seven」のタイトルシーケンスの中で1秒間連続30フレーム。
(単純な動きのリストではなく、フレームごとのディテールを重視しました。)

SCENEとCUT
映像は、CutとSceneで構成されていますが、「どのCutまたはどのSceneまでどのようなことをどのように表現するか」と、時間とストーリーの進行を引っ張っていくことも重要です。

構成と密度
図を一歩離れて見るように、モーショングラフィックスも、全体の映像を見ることができるようにしてください。全体的な構成を考えずに一つのテーマだけ没頭すると、大きな流れを見逃せることがあります。

モーションと音楽
モーショングラフィックスと切り離せない音楽!モーションを日本語に変えれば、動きです。 モーションのビートに依存する我々の作業物。誰もが感じた部分ですが、このようにモーショングラフィックスでは、映像編集も音楽編集も大事です。

モーションによる意味
デザインが意味を込めているように、モーションも意味が込められている必要があります。モーションの速さ、方向、形状の変化など、すべてのモーション要素には意味が込められています。感動を呼び起こすモーション、だれでも作られます。

 

動線
モーションの動きを通じて動線が生じます。自然な動きを表現するためには、速度や方向などの動きに影響を与える要素を基づいて動線をよく保持するためにします。滑らかな動きをしたい場合は部〜·デ·〜くり!ふっくらと飛ぶモーションをしたい場合はプリンのようにふっくら!

 

3.モーションの視覚的な伝達

人間の動き認知
人間の視覚認知は思ったより遅いです。人間はのろい存在です。あなたの任意の視覚的なテーマを表現したり、タイポグラフィに読みやすさを与えるためには、時間が必要です。普通は連続時間で表現したり、短い時間を繰り返して認識させるなど、さまざまな方法で映像の理解を助けることができます。

想像の楽しみ
人は無意識のうちに動きの自然さと目に見えない部分を想像で作り上げます。たとえば、キャンバスの中に長方形の3個の端だけを描いても、人々は目に見えない残りの1つの角を想像します。これらのことをよく利用すれば、モーショングラフィックスの楽しさ的な要素を加えることができます。

 

4.大衆にモーション

モーショングラフィックスの流行
衣類、建築、デザインなど多くの分野に流行があるように、モーションも流行があるという事実!流行を標榜することはスタイリッシュな印象を出すことができますが、ファッショナブルなスタイルと一緒にあなただけの考えが加わると、より素敵なモーションが出てきます。

モーショングラフィックスの分野
モーショングラフィックスは、様々な分野で融合させることができます。モーションを2D、3Dのみ必要があるのでしょうか?はありません。モーショングラフィックスは、様々な分野のデザインを融合させる最適なジャンルです。


5.技術的要素

TOOLの理解
ツールの全体的な機能をナビゲートするときは、その機能がどのような役割なのかも重用しかし、それはどのように作用されるもので、どのように多様に応用することができるかどうかを理解することが最も重要なポイントです。この部分は、絶対見逃せない、本当に大切なTip投稿してより詳細にお知らせいたします。

リファレンス
デザインの盗用と参考の範囲は、主観的な判断ですので、リファレンスを参考にすると、それをどのように自分化させるか考える必要があります。