[媒体別動画マーケティング] Facebook、Instagram、DID室外&室内、ウェブサイト

たくさんの人が動画一つを繰り返して様々な媒体に出す。多様な媒体にはDID(デジタルサイネージとも呼ばれる、デジタルディスプレイ機器を使って再生させること)、ウェブサイト、Facebook、Instagram、YouTubeなどが含まれる。媒体ごとに違う特徴があり、それをよく使えば高い広告成果を出すことができる。今回はこの媒体別による広告動画制作について話す。

目次

1. 動画広告の成長背景

2. Facebook用

3. Instagram用

4. DID室外用

5. DID室内用

 

 

1. 動画広告の成長背景

デジタル動画マーケティングの効果が証明されることにより、オンライン上の動画広告の枠は多くなった。下の図はShakrの代表、David Leeの発表資料で、デジタル動画広告の効果と成長がわかる。

図のように、2015年Facebook、Google、Twitterが動画広告商品を出し、これは現在広告のトレンドが動画ということを表す。また、ロンドンに本社がある、多国籍会計コンサルティング会社、PWCは「2019年動画広告に72弱ドルが支出される」と明かし、これからも動画広告は伸びると判明された。このように動画広告が成長している理由は、それなりの広告効果があるからだ。Google’s Rich Media Galleryが動画広告がHTML5バナー広告と比べ、18倍高い成果があると発表した上に、Shakrは実際クライアントとの実験を通じて動画広告が画像広告より4倍も高い顧客参加を導いたと公開した。デジタルマーケティングリサーチ企業、eMarketerはモバイルでは画像広告に比べ3.4倍高いCTR(クリック率)を表したと動画広告の効果を証明した。

このように、多様な実験結果から動画広告の効果がデータで証明され、オンライン・オフラインの様々な媒体を使って広告動画を出すことを、大企業だけでなく中小企業からも見れるようになった。しかし、ここで多くの方が見逃す部分がある。媒体別の特徴を把握していないということだ。先に述べたように、たくさんの人が一つの動画を様々な媒体に使うことが多い。過去には動画制作の費用が負担になり、動画を一つで活用することがわかる。しかし今は技術の発展から誰でも低価格と少しの時間をかけて動画を簡単に作ることができる。たった5分と1万5千ウォンでハイクオリティーの動画が作れる、スマートな現時代で時間とお金がないという言い訳で動画マーケティングができないという怠けたマーケティング担当は生き続けられない。つまり、現在一つの動画を回して使うということは、上記で述べた媒体別の特徴がわかっていないとのことだ。さて、それでは媒体別の特徴は何か。

 

2. Facebook用

先に、最近一番動画広告が活発に行われているFacebookから見てみよう。

1) 3秒内にHookingする

FacebookのCEOマーク・ザッカーバーグは将来を見通した。F8 Developer Conferenceで”Facebookのニュースフィードが一番人気あるコンテンツになる”と発表し、彼の発言通りとなった。Facebookは現在中小企業だけでなく、様々な小商工業者たちも広告に使う媒体として、大半数がモバイルで行われる。特に、韓国はFacebookのユーザーの中で92%がモバイルで利用している分、モバイル内のニュースフィードは素早く過ぎていく。速く過ぎていくコンテンツの中でHookingに成功しないとインプレッションすることが難しい。動画にHookingがないと後半までは誰にも見られずに終わるかもしれない。それを望めないのなら動画Hookingは最初の3秒で決めなければならない。ターゲットグループの特性による、もっと効果的なHooking戦略はMixed ToMoBoFu から確認できる。人によって広告の疲労度と見たがるコンテンツを選択するのに違う特徴があるため、ターゲット毎の特性によるHooking戦略は選択ではなく、必須である。

 

2) モバイルで見やすいスクエア動画

上の文章で述べたように、Facebookのユーザーは大体モバイルバージョンを利用する。早いスクロールの中で目を引くためにはHookingが大事だということもすでに話した内容だ。デスクトップとは違ってモバイル上では見えるディスプレイの領域が非常に小さく、縦が横より長い。見える面積が広いほど注目度は高くなり、視線を集める時間も長くなる。したがって、正方形動画はHookingで有利な要素だ。ユーザーがスマホを横にする不便を感じなくても画面をもっと埋めるようにする。正方形から思い出す媒体にはInstagramがある。Instagramは現在の正方形以外の動画もアップロードが可能だが、簡単にクロップし正方形にしてあげるのもできる。Facebookにスクエアの動画をアップロードしたければInstagramからクロップ後Facebookとの連動を利用する簡単な方法がある。 

 

3) 30秒

2014年6月、Facebookはアップデートした動画ランキングのアルゴリズムグラフを公開し、動画が長いほど利用者たちの再視聴率が落ちることを公表した。ちなみにSocialbakers studyによると、Facebookにあがる動画の平均長さは44秒である。しかし、ユーザーが動画を最後までみる平均時間は21秒だそうだ。これを視覚化したものが下のグラフである。

4) 小さいモバイルでも読めるフォントのサイズ

モバイルで動画を見ることと大きな画面で動画を見ることには大きな差がある。これがDID用動画をSNSの様々な媒体に回して使ってはいけない理由なのだ。例えば、企業の信頼度を高めるために会社の入り口に設置した下のようなDID用企業紹介動画をモバイルで流すと、見る人は小さい文字を読むために眉を顰めるに決まったいる。

3. Instagram用

Instagramは2012年4月Facebookが10億ドル(約1兆1200億ウォン)で買収したSNSで、Facebookと一緒に広告ができる。以前はInstagramの広告を作成するためにパワーエディターが必須だったが、今はパワーエディターではなく、広告管理者ページで広告を作成することができる。

1) さりげない広告

Instagram広告を作る前、InstagramユーザーはFacebookユーザーよりも広告にすぐ疲れるということを知ってほしい。Instagramはユーザーが見たがるコンテンツをFollowingを通じて選択できるため、彼らが選択していないコンテンツを見せられた時、反感が高くなるのは当然だ。したがって関心度によるターゲティングが大事であり、CTAが強い広告よりは一般のコンテンツだと思われるぐらいのブランドインプレッションが適切だ。CTAが強すぎると逆に該当するブランドに反感を持たせる。

2) 高いビジュアルクォリティー

Facebookは単純に面白ければ少し低いクォリティーでも拡散する可能性が高い。しかしInstagramはユーザーのLife Styleを写真と動画のビジュアルクォリティーを大事にするネットワーキングなため、クォリティーを気にしなければならない。ここでクォリティーとは、撮影したものの上に被せたグラフィックのクォリティーではなく、撮影したもののクォリティーをいう。もちろん、グラフィックも大事だが、Instagramでいうクォリティーとは撮影したものそのものに適用されるためである。

3) スクエアサイズ

過去と違って今はスクエアサイズ以外にも多様な比率の動画で広告ができる。しかしInstagramの特徴がスクエアという認識は大きく変わっていない。そしてFacebook用動画の説明でも述べたようにモバイルではスクエアサイズの比率が画面を埋めて見やすい。

4) 15秒以内

アップデートできる動画の長さが過去15秒から現在60秒に伸びたけど、Facebookと同じく長いほど視聴時間が落ちる。

 

4. DID室外用

1) 目立つカラー / 速いトランジッション / 目を引くキーワード

道を通りすがる人々の目を引くためには常にHookingが必要だ。目立つカラーは自然に動いている人の目を引くことができる。また、人が移動する間に流す媒体であるため、短い間に強力な情報伝達をすることが必要だ。したがって、具体的な説明よりはインパクトあるキーワードを早く見せることが大事だ。

この時、インパクトあるキーワードは購買者に魅力的なコンテンツとして売り場まで足を引く力が必要だ。 "SALE 50%”、”EVENT”、”プロモーション”などがある。

 

5. DID室内用

1) 読める速さ

室内でDIDは食べ方、使用法、製品レビュー、所品詳細など、室内での商品購買前に情報を伝えるために役立つ。もしくはメインメニューインプレッション、SNSイベンド参加に誘導する案内で小さいディスプレイに適切である。つまり、情報を受け入れるために速いトランジションよりは可読性がある速度を保つことが大事だ。 

2) 60秒以内

デジタルサイネージは平均購買金を29%も上げるほどに売り上げに役立つ媒体である。室内でゆっくり内容が読める環境であるとしても長い時間をかけると集中力が下がるため、長いほど実際の行動に移す確率も下がる。したがって60秒以内が適切だ。

 

動画マーケティングをする前に媒体別の特徴をよく知り、媒体に合う広告を作ることを勧める。一つの動画を使いまわすことは購買者側としては同じ広告を繰り返して見せられ、広告疲労度が高くなるだけだ。広告疲労度は単純に広告をスルーすることに止まらず、該当ブランドに対する反感を買うことになるので、注意しよう。